偏頭痛対策と予防になる食べ物

MENU

偏頭痛対策と予防になる食べ物

偏頭痛は“食事”と関係している部分があります。毎日コンビニ弁当やインスタント、ファストフードというように栄養が偏りがちな食事を続けていると血管が拡張されやすくなるのです。

 

頭痛が伴う時間や間隔も狭くなり、日常生活にも影響をきたしてしまうでしょう。
偏頭痛対策となる食べ物を積極的に摂取し、栄養バランスを考えることも十分な対策になります。

 

偏頭痛を引き起こす食べ物

対策になる食べ物を知るまえに、偏頭痛を誘発してしまう食べ物についても知っておいてほしいと思います。知らないまま食べるよりはきちんと情報・知識を身につけたうえで食べ物を選択していった方が効率的でしょう。

 

偏頭痛を引き起こしてしまう代表的な食べ物といえば、ポリフェノールが含まれている食べ物です。

 

ワインが大好きな人には欠かせない赤ワイン、チョコレート、オリーブオイルなど常日頃から食べているようなものもあります。これらにはポリフェノールが豊富に含まれており、血管が拡張されやすくなってしまうのです。

 

また、チラミンやアスパラギン酸がたくさん含まれる食べ物にも注意してください。

 

例えば、たまねぎ、チーズ、ピーナッツバター、イチジク、ダイエット食品にはこれらの成分が含まれている傾向がみられます。ポリフェノールと同じく、血管を拡張させる働きがあるのでできるだけ避けておきましょう。

 

予防効果のある食べ物

偏頭痛を予防し、対策をしてくれる成分はミネラル・マグネシウム・ビタミンB2・オメガ3Sが挙げられます。それらの成分が含まれている食べ物は予防することができるのでオススメです。

 

トマトやきゅうり、ほうれん草といった野菜にはマグネシウム・ビタミンB2が、鮭やイワシには炎症抑制作用のあるオメガ3Sが含まれています。ほかにも納豆、アーモンド、豆腐、ひじき、スイカ、ヨーグルト、牛乳、豚肉、うなぎ、レバーなど意外とたくさんあるのです。

 

血管をゆるめてくれる働きがあるので偏頭痛になったときにも食べると良いでしょう。

 

常に日頃から成分を摂取しておくと偏頭痛の痛みを少なく抑えることができるので毎日食べてください。食べられなかった日にはサプリメントを上手に活用し、成分を摂取し続けていきましょう。