偏頭痛の予防をするためにしておきたい事

MENU

偏頭痛の予防をするためにしておきたい事

偏頭痛は、慣れてしまうと薬を飲んでなんとかやり過ごすという状態が日常的になってしまいますが、出来れば起こさないのが一番ですよね。

 

偏頭痛を起こさないように予防することは可能なのでしょうか。100%防ぐことは難しいですが、少しでも頻度を下げるために普段から気をつけておきたいポイントをまとめてみましょう。

 

とにかく刺激を避ける

頭痛に非常に大きな影響を持っているのが目から入って来る刺激です。

 

大画面で鮮明な映像を見たり、屋外などで強い光を見ていると、普段あまり頭痛に縁のない人でも偏頭痛を起こすことがあります。頭痛持ちの人は、部屋の明かりやパソコンのモニタの明るさにも気をつけて、なるべく刺激にならない程度を自分で知っておきましょう。

 

人によっては蛍光灯が辛かったり、スマートフォンの光が強すぎたりするケースがあります。

 

また、光以外にも音が刺激になったり、臭いが刺激になったりして偏頭痛に結びつく場合があります。騒音対策や、香水などの刺激からも脳を守る工夫が必要です。

 

生活のリズムを崩さない

偏頭痛の原因で多いのが睡眠に関係するものです。
寝不足はもちろんですが、実は寝過ぎも頭痛の原因になります。

 

偏頭痛は脳の血管が膨張することで起きますので、寝すぎて血流量が多くなると起きた直後に頭がガンガン痛くなるような最悪の目覚めになってしまいます。大事なのは常に一定の体内状態を保つことで、極端に波があるような生活リズムを作ってはいけません。

 

ストレスを避ける

肉体的なストレスや精神的なストレスを避けるのは頭痛予防にはとても大切です。

 

精神的なストレスに関してはなかなかゼロにするのは難しいですが、同じ姿勢で長時間作業をしないとか、一定時間で休憩を取るなどして負担を軽減すると頭痛予防になります。

 

食事内容に注意する

アルコールの過度な摂取は当然ですが、加工食品などに含まれる化学物質や保存料などが頭痛の原因になる場合もあります。特にワインやチョコレートに含まれるチロシンは頭痛を引き起こしやすい物質ですので、過剰摂取は避けるべきです。