予防薬と鎮痛薬がある

MENU

予防薬と鎮痛薬がある

偏頭痛の薬には、予防薬として使うべきものと、発作が起きてすぐに使うものとがあります。使い方やタイミングが間違っていると、せっかくの効果がまったく意味のないものになってしまうので、その薬がどういった目的のものかをしっかり理解しておくことが必要です。

 

予防薬

昔からある頭痛薬というと、本格的な頭痛の起きる前に予防薬として飲むべきものでした。

 

偏頭痛に慣れてしまった人は、自分の頭痛の前触れを知っている場合があり、チカチカとした光が視界に見えるとか、ジグザグ形のフラッシュが走るといった特徴的な変化に気付くようになります。

 

その段階で飲んでおくとほとんどの偏頭痛は発作に至ることなく避けることが出来ると言います。
エルゴタミン製剤などはこうした予防薬の代表格です。

 

この他にも、患者の状態に合わせてカルシウム拮抗薬や漢方薬、抗てんかん薬、循環器用薬、抗不安薬、抗うつ薬などを予防薬として処方する頭痛外来もあります。

 

鎮痛薬

予防薬をベストなタイミングで飲むというのはなかなか難しく、恐怖心から早めに飲み過ぎて過剰摂取になってしまいがちなのも問題でした。

 

頭痛の発作が起きてからでも痛みを抑えることの出来る製剤としてトリプタン系薬剤が開発され、このことでかなり偏頭痛の治療がしやすくなったという専門家も多いです。現在日本では5種類のトリプタン系の薬が認可されていて、錠剤以外にもさまざまなタイプがあります。

 

市販薬

一般的な市販薬でも、飲んで鎮痛効果が得られないわけではありませんし、適正な服用で楽になるような軽度なものであればもちろん利用した問題はありません。

 

ただし、市販薬の場合には眠気を誘う成分や、カフェインを含むものなどもあり、乱用すると逆に重い頭痛発作を起こすようになってしまうのが問題です。

 

頭痛が本格的に起きてしまうと効かないために、起きそうだと思った時点ですぐに市販薬を飲む習慣のある人は特に危険なので、正しい認識が必要です。