症状別の対策をご紹介!

MENU

症状別の対策をご紹介!

偏頭痛でもさまざまな症状があります。主にズキンズキン、ガンガンした痛みが伴うことが多く、あまりにもひどい人は吐き気を伴うこともあるようです。偏頭痛はできるだけ早めに対策をしておいた方が良いでしょう。

 

自分次第で偏頭痛を治すことはできるので諦めずに対策を心がけていきましょう。
そのまま放置してしまうと日常生活にきたすこともあるのでぜひチェックしてください。

 

光や音に敏感になっているとき

偏頭痛の症状のなかには、光や音が気になってしまう症状が挙げられます。

 

普段何とも思わない光・音でも偏頭痛になる前や発症したときはいつも以上に気になってしまうのです。太陽の光が偏頭痛をさらに悪化させ、車や周囲の音がうっとうしくなってくるでしょう。

 

そのようなときはできるだけ早く、静かで光が当たらないところにいきましょう。
そしてゆっくり体を横にしてください。

 

頭を固定し、心身ともに落ち着かせることで偏頭痛の症状を和らげることができます。

 

偏頭痛が起きるまえにイライラ・だるさがあるとき

偏頭痛には前兆がみられるケースがあります。前兆には目がチカチカしたり、食欲や甘いものが食べたくなる、眠気を感じるなどさまざまな前兆があれば、ないときもあるでしょう。

 

もし、偏頭痛が起きるまえに必ずイライラしたり、体のだるさがあるときは日常生活が乱れてしまっている証拠です。不規則な日常生活は偏頭痛に大きな影響をもたらします。

 

1日最低でも6時間の睡眠をとること、栄養バランスの良い食事を心がけてください。

 

ダイエットのためにご飯を抜いている人がいますが、血糖値が低下してしまうと逆に偏頭痛を引き起こしやすくなります。辛抱せずにしっかりご飯を食べましょう。

 

栄養が偏りつつあるのであれば、偏頭痛に効果的とされる成分のサプリメントを毎日飲み続けるのもひとつの対策です。サプリメントは栄養素を直接体内に入れることができる簡単な方法となっています。

 

マグネシウムとビタミンB2は偏頭痛を抑制してくれる働きがあるのでサプリメントを摂取してみてください。毎日飲み続けることで徐々に効果があらわれるサプリメントを毎日欠かさず飲み続けましょう。