緊張性頭痛の症状は?どんな病気?

MENU

緊張性頭痛の症状は?どんな病気?

緊張型頭痛は頭痛の約7割もを占める頭痛です。

 

多くは肩こりや首こりで、日本人は特にこのタイプの頭痛持ちが多いですね。
どういう頭痛でどのように対処すれば良いのか、ちょっと詳しく調べてみましょう。

 

7割もを占める偏頭痛

頭が痛いといっても、その原因はさまざま。
でも実は緊張型頭痛のほうが偏頭痛よりも多くを占めていることが最近わかってきました。

 

一次性のものですので大きな脳の病気というわけではありませんし、命に関わるというわけでもないのですが、日常的に非常に辛くて吐き気を伴ったり倦怠感を伴ったりするのでとても辛い症状であることは変わりありません。

 

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛は、ほとんどの人は肩こりや首の後ろの筋肉の張りから始まります。

 

最初はなんとなく重苦しい感覚があり、そのまま放置していると後頭部から頭頂部へかけて締め付けられるような痛みが起こります。左右両方にグーッと圧力がかかる痛みで、ドーンとして重い頭痛ですので、気持ちが重くなり暗い気分になります。

 

徐々に慢性化してしまう

緊張型頭痛の場合、放置しているとそれが常習化して、いつの間にか慢性化してしまう傾向があります。ケアをしないとどんどん悪化してしまうわけですね。

 

緊張型頭痛になりやすい人とは

緊張型頭痛を起こしやすい人には傾向があります。まず、パソコンに1日中向かっているようなデスクワークの人、細かい作業を長時間行う人、目を酷使する人、ドライバー、日頃運動不足の人、姿勢が悪い人です。また、極度に精神的ストレスを感じて緊張している人もなりやすいです。

 

入浴したり首の後ろを温めたりすると楽になったり、目をつむって蒸しタオルなどを乗せておくと楽になったりする人も多いのですが、コリがひどくならないうちに血行促進しておかないと、逆にあたためた時に一気に頭痛が起こってしまう場合もあります。

 

 

筋肉の緊張と、それによる血行不良が原因なのですが、その最中ではなく、その緊張が緩んだ時に逆転して頭痛に傾いてしまうのが特徴です。血管を圧迫し過ぎないようにコントロールする必要があります。