偏頭痛に効く薬について

MENU

偏頭痛に効く薬について

市販の頭痛薬

解熱鎮痛薬と言われるのが一般的なドラッグストアなどで売られている頭痛薬です。
主な成分は痛みを抑えるもので、中には医薬品として医療専門処方されていた成分を市販出来るように改良したものもあります。

 

有名なところではアスピリン(アセチルサリチル酸)、イブプロフェン、ロキソプロフェン、アセトアミノフェン、エテンザミド、イソプロピルアンチピリンなどで、これらの成分を元に催眠性のある成分や胃酸を抑える制酸剤、生薬などが独自配合されています。

 

病院の頭痛薬

頭痛外来などで処方される薬の種類も増えてきましたが、軽度なものの場合は市販薬と同じ成分の薬を処方される場合もあります。

 

偏頭痛で比較的良く使われるものはトリプタン系と言われるもので、イミグランやマクサルト、ゾーミック、レルパックス、アマージなどがこれにあたります。

 

他にはエルゴタミン系と言われる製剤もありますが、こちらのほうが古く、トリプタン系が開発されたことによって処方される機会はあまり無くなったようです。ただ、トリプタン系がどうしても効かない頭痛の場合、もしくは副作用を避けるために選択されることもあります。クリアミン、ジヒデルゴットなどがそれにあたります。

 

制吐薬

頭痛には吐き気が伴う場合があり、それを抑えるための薬としてプリンペランやナウゼリンといった吐き気をおさえる薬を頭痛薬と一緒に処方される場合があります。あまりにも吐き気が強い場合、薬を飲んでも吐いてしまう危険性があるので、こうした薬が使われることがあります。