偏頭痛は遺伝する?

MENU

偏頭痛は遺伝する?

よく「偏頭痛持ちの体質」といいますが、そのような体質はあるのでしょうか?また、親が偏頭痛持ちなので、自分も遺伝したという人もいますが、本当に偏頭痛は遺伝するのでしょうか?

 

前兆タイプは遺伝

実は、きちんと段階を踏んで前兆から起こる偏頭痛を持っている人は、母親の偏頭痛が子どもに遺伝する確率が50%にも上るという統計があります。

 

母親は軽度でも、実は祖母が偏頭痛持ちだったというような場合もあり、代々母系の遺伝で偏頭痛体質が受け継がれるというケースは実際にあると言われています。ただしこれも前兆タイプと予兆タイプとでは同じとは言えず、遺伝が見られるのはあくまでも前兆タイプです。

 

頭痛が起こる前に視野に光がチカチカとして見えるとか、手足がしびれたり皮膚になんらかの刺激を感じるとか、一時的に言語障害が起こるといった症状のある人は遺伝の可能性があります。

 

生活を共にしていることが原因

遺伝でなくても、ずっと同じ家に暮らして、同じものを食べ、同じような生活習慣を持っていることで家族が同じような病気を発症するというケースは頭痛に限らずあり得ることです。

 

例えば食べるものの中に頭痛を誘発するものが多いとか、嗜好品が頭痛を起こす物質を多く含んでいるとか、住んでいる家の建材や塗料が化学物質を持っているなどといった環境の原因もあります。子どもが親元を離れて一人暮らしを始めたことで、すっかり頭痛が起きなくなるというケースもあるでしょう。

 

男女差はある

女性は月経の関係で偏頭痛を持っている人は多く、これも母系の体質が遺伝すると言われています。
一方群発頭痛男性が非常に多く、特に働き盛りの年代に多いと言われています。

 

ただし、最近では男性でも偏頭痛を持っている人もいますし、女性でも群発頭痛を発症する人が出て来ているといいます。とくに群発頭痛は喫煙が原因ということもあり、女性で喫煙する人が増えたことも要因と言われています。

 

男性でも女性でも、発症した発作の症状や強さに大きな違いがあるわけではありませんし、対処法に変わりがあるわけではありません。