病院での偏頭痛の治療方法

MENU

病院での偏頭痛の治療方法

どのような対策を心がけても一向に偏頭痛が治らない、痛みがあまりにひどい場合は病院での治療をオススメします。市販の薬では一時的な対処ができても根本的に治すことはできません。自分では限界があると思うのでしっかりとした専門施設での治療を行った方が効率的に治すことができます。

 

基本は“薬物療法”

偏頭痛の基本的な治療方法は“薬物療法”です。
医者から処方された薬を服用し続けながら偏頭痛を治していくことになります。

 

よく使われる薬は「トリプタン系薬剤」「エルゴタミン製剤」の2種類になります。

 

「トリプタン系薬剤」は炎症を抑制するとともに直接的な痛みの原因である三叉神経を緩和するための働きがあります。市販の鎮静剤ではただ炎症抑制効果しかありませんが、トリプタン系薬剤には根本的なところに作用してくれるのです。

 

そしてもうひとつの薬となる「エルゴタミン製剤」は血管の拡張を妨げる働きをもっています。とくに偏頭痛が起こる前に服用すると効果的で、副作用があることがデメリットとなっています。

 

この2つの薬は非常に偏頭痛の治療として使われる反面、頭痛と一緒に吐き気を伴うような偏頭痛や市販の薬に依存してしまっている方はこれらの薬のほかにも制吐剤や薬の量をコントロールしていかなければなりません。診断によって自分の症状に見合った薬を使われることになるため、効率的に偏頭痛を治していくことができるのです。

 

規則正しく生活しながら薬を利用しよう

治療を行うことで偏頭痛をある程度改善することはできますが、生活習慣も一緒に改善していくことが大切なポイントです。生活習慣が乱れてしまうと体内の機能も低下し、必要な栄養が吸収できなくなってしまいます。

 

偏頭痛の治療も生活習慣を正すことから本格的に始まり、薬の効き目も出てくるのです。
おそらく医師から伝えられると思いますが、生活習慣については注意されるでしょう。

 

人それぞれ発症する偏頭痛の痛みや症状が変わってきます。
専門施設での治療は自分の偏頭痛の特徴にあわせた薬を医師が処方してくれるので安心です。