偏頭痛に効く薬

MENU

偏頭痛の薬があればもう怖くない!

また偏頭痛

★定期的にくる偏頭痛の恐怖から解放

 

偏頭痛(片頭痛)は、頭がズキン・・・ズキン・・・というように、脈に合わせて痛みが起こるのが特徴です。偏頭痛自体はごくありふれた症状ですので、誰でも1度は経験する痛みでもあるでしょう。

 

どうして痛みを感じるのか、そのメカニズムはわかっているのですが、どうしてそのメカニズムがはたらいてしまうのかは、さまざまな原因や誘因があるために特定するのは難しいと言われています。
頭の中でどういったことが起こっているのか、詳しく調べてみましょう。

 

偏頭痛が起こってしまう原因とは?

・血管が拡張している

脳の中の太い血管が拡張することで、「三叉神経(さんさしんけい)」という神経が刺激を受けて痛み物質が放出されることで頭痛は起きます。どうして血管が拡張してしまうのかは、さまざまな要因が考えられるために特定するのは難しいかもしれませんね。

 

人によっては辛いものを食べるだけで血流が増加して頭痛が起きる場合もありますし、アルコールの飲み過ぎなども原因になります。寝不足や無理な姿勢での長時間の作業も原因になりますので、自分がどういう行動に弱いのかを知っておくと予防に役立ちます。

・セロトニンが放出している

血管を拡張させる要因の一つに、セロトニンの放出が関係していることも指摘されています。

 

これは主にストレスが引き金となって起こることが多いのですが、セロトニンがたくさん放出されると血管が急激に縮んでストレスによる変化に対抗することが出来ます。

 

だた、対抗出来ている間は良いのですが、時間がたつにつれてセロトニンが分解されて少なくなると、今度は反動で血管が急に膨張することになります。ストレスが軽減されてホッと一息ついた時に突然起こる偏頭痛などは、これが原因だと言われています。

・肩こりや眼精疲労が起こっている

ズキンズキンという痛みとは少し違って、締め付けられているような痛みを感じる場合は、いわゆる偏頭痛とは違う頭痛の場合があります。肩こりや首こりが激しい人や、パソコン作業、運転などを長時間行う人に多く見られる頭痛です。

 

偏頭痛が起きたらどうしてる?

 

偏頭痛が起きたらどうするかと聞かれたらなんて答えますか??

 

えっ?市販の頭痛薬を飲んで安静にしているけど・・・

 

まず、ほとんどの人が似たような答えになるのではないでしょうか?

 

でも本当の意味では、市販薬の鎮痛薬に偏頭痛への適応は無いという専門家がほとんどなのです。そういえば市販で最強のロキソニンは偏頭痛薬ではなく鎮痛剤。しかも効かなかったり、偏頭痛の痛みがひどくなってから飲んでも効かなかったりしますよね。

 

では偏頭痛に効く薬は無いのか?と言えばもちろんそんなことはなくて、病院で処方されている偏頭痛専用の薬はちゃんとあります。(※偏頭痛に良く使われている薬はコチラ)


偏頭痛に効く最強の薬がイミグラン!

偏頭痛に最も効く最強の薬がイミグラン

 

偏頭痛専門の薬としてイミグランという処方薬が、日本でも広く処方されています。医療用の頭痛治療薬ですね。

 

イミグランはトリプタン系の薬で偏頭痛を引き起こしている原因のほぼ全てに優れた効果を発揮するのが特徴です。

 

また、頭痛の発作が起きてしまってから飲んでも痛みを抑えることができるのが凄い所。市販薬では効かない辛い偏頭痛であっても効果があり、頭痛による苦しい症状を一気に抑えこむ事が出来ます。

 

世界的に元も多く使われている偏頭痛薬と言ってもいいです。トリプタン系の薬のおかげで偏頭痛の治療がしやすくなったという専門家もとても多いです。

 

・イミグランとは

スマトリプタンという成分で、医療機関で処方されている偏頭痛の薬です。

 

どういった作用があるかというと、拡張した血管を縮めたり、血管の周りで起こっている炎症を鎮めたりすることで神経への刺激を改善するはたらきがあります。

 

古くから頭痛治療に使われていたエルゴタミンに変わって開発されたトリプタン系の頭痛薬で、予防ではなく発作が起きてから飲んでも効き目が期待出来ることが一番のメリットです。

・錠剤以外でも使われている

イミグランは広く使われていることもあり、飲んで効く錠剤だけではなく、点鼻薬や注射薬もあります。飲んで効果を得るタイプではどうしても効き目が出るまでに若干時間がかかります。

 

また、空腹時などは胃の粘膜を傷つけてしまう可能性があるので胃を守る薬も一緒に飲まなければいけないような煩わしさがありますが、点鼻薬などはかなり即効性があり胃に負担もかからないので頓服としては重宝しますね。

・イミグランは予防ではなく起きてから使うもの

痛みが出始めてから使える薬として非常に重宝されていますが、逆に言えば痛みが出る前の予防薬としての効果はありません。発作が起きてからでなければ使えませんので、そこは注意が必要です。

・イミグランを使う時の注意点

・砕いてはいけない
早く溶けるように薬を粉々に砕いて飲む人がいますが、体内で溶ける順序や時間なども含めて計算されていますので、錠剤はそのままで水などで飲み込むようにしましょう。

 

・副作用もある
イミグランに限らずトリプタン系薬剤は優れた効き目の裏に副作用も存在します。軽いものでは頭痛や嘔吐などがありますが、常軌を逸した飲み方をすると重篤な副作用が出る場合もあるので、指示通りの用法を守る必要があります。

 

イミグランとか鎮痛剤はネット通販でも買えるよ

 

個人輸入の通販なら自宅にいながら手に入る!

 

イミグランは通常は病院へ行かないと購入できない処方薬ですが、個人輸入の通販サイトを利用すれば、病院に行かなくても薬を手に入れる事が可能です。

 

結構知らない人が多いのですが、ネットで購入できると本当に便利です。いつ起こるか分からない偏頭痛なので、自宅や会社や携帯用など常に常備しておきたいですね。病院に行く暇がない方や薬を安く買いたいという方にオススメです。


偏頭痛に効く薬はこちらから購入できます!

偏頭痛の最も効く薬がコレです!

イミグランタブレットは病院でも処方されている定番の偏頭痛の薬です。今まで鎮痛剤などを使っても聞かなかった偏頭痛にも効きます。痛みが始まったらいつでも飲めるように常に常備しておきたい薬です。

価格

1箱2錠:2,083円
(※2014年11月現在の値段)

イミグランのジェネリック品でお買い得!

スミナットは上記のイミグランのジェネリックになっています。イミグランと同成分だから効き目は同じです。ジェネリックだからかなりお買い得な価格になっています。コスト面で見て、ジェネリック品を選ぶ人はとても多くいます。

価格

1箱5錠:2,645円
(※2014年11月現在の値段)

鼻からスプレーするだけの偏頭痛薬がコレ!

スミナットナザルスプレーが噂の鼻からスプレーするタイプの偏頭痛の薬です。痛みが来たら鼻からワンプッシュするというとても簡単な方法で、錠剤を飲むより即効性が高いのが人気のポイント。群発頭痛の人も使っている人がいるようです。

価格

1本1ml:2,774円
(※2014年11月現在の値段)

 

偏頭痛の薬と一緒に鎮痛剤も如何でしょうか?市販最強のロキソニンとかロキソニンが効かない人が使うボルタレンなども購入する事ができます。ボルタレンは病院でしかもらえない薬だから、ロキソニンが聞かない重度な頭痛持ちの人にオススメです。

 

鎮痛剤はこちらから比較する事ができます。

 

 

偏頭痛を予防したいという方は・・・

偏頭痛が来てから飲む薬があれば、偏頭痛が来てももう安心ですね。でも、そもそもこの偏頭痛を出来るだけ来ないように予防したいという人は多いはず。偏頭痛が来なければ薬を飲む必要もなくなりますからね。

 

定期的に頭の中がズキンズキンするように痛む、週に1回は頭痛がする、頭の痛みがずっと続くと仕事もスムーズにこなすことはできませんし、生活に支障が出てしまいます。

 

偏頭痛が起きてしまった時に毎回薬を飲むこともひとつの方法ですが、偏頭痛に効果的なサプリメントを飲むことで偏頭痛自体を予防するという方法もあります。サプリメントなので薬のように副作用はありませんし、安心して飲んで予防する事ができます。

 

偏頭痛を予防できる「ずきしらずの実」

偏頭痛の予防ができるサプリが「ずきしらずの実」。このずきしらずの実を実際に飲んでいる方の9割が効果を実感しているのです。

 

ずきしらずの実の特徴は、3つの成分が配合されている事。3つの成分とは夏白菊(フィーバーフュー)、にがり、オオイタドリとなっています。

 

夏白菊は昔から頭痛に効く成分として有名ですね。名前を聞いたことがある人もいるのではないのでしょうか。ズキンズキンと頭の中に響く痛みを抑制し、体のリズムを元通りに整えてくれる役割をもっています。にがりは天然鉱物である塩化マグネシウムが豊富に含まれており、この成分も体のリズムを整えてくれるのです。

 

オオイタドリは昔から食品として使われてきている痛みを和らげることができる成分となっています。この3つの成分が含まれているからこそ、偏頭痛に効果的なサプリメントとして人気があがってきているのです。

 

⇒ずきしらずの実の詳細はコチラ

 

1週間で偏頭痛が起きなくなった人も!

ずきしらずの実のメリットについて紹介したいと思います。なんといっても1番のメリットは「副作用がない」ということです。偏頭痛に効く薬は眠たくなってしまう、お腹をくだしてしまうというような副作用がありますが、ずきしらずの実はサプリメントなので副作用の心配はありません。

 

薬のように強い成分は含まれていないので安心して飲むことができます。

 

飲めば薬のように効果はすぐ出てきません。しかし、毎日飲み続けることで1週間で偏頭痛が起きなくなったと言っている人もいます。人によって効果があらわれてくる時間には差がありますが、毎日飲み続けることによって効果が発揮されます。

 

薬で毎回痛みに耐える・・・というのは止めにして、根本的に偏頭痛を治したいという方は、できるだけ飲むようにしましょう。偏頭痛持ちの方の間では定番のサプリメントなので、もう飲んでいるという人は多いと思いますが、知らなかったという人は是非飲んでください。

 

ずきしらずの実はこちらから購入できます

 


今起きている偏頭痛の対処法について

薬は後でちゃんと買って常備しておくから、とにかくたった今、偏頭痛で死にそうなんだよ〜、グオオ痛いよ〜。という状態の方・・・

 

偏頭痛の対処法はかなりシンプルなもので、起こってしまったらとにかく時間をかけて鎮めるしかありません。どうすれば少しでも早く鎮めることが出来るか、対処法についてまとめてみましょう。

 

・とにかくなるべく横になるべき

仕事中ではなかなか出来ないので辛いのですが、頭痛が起こったら横になって休むのが一番の特効薬です。立った状態や身体が動いている状態では、血管の拡張が鎮まることはありません。一番良いのは暗めの静かな部屋で横になって目を瞑っていることです。眠ることが出来ればそれがベストですね。

 

仕事場で難しいようであれば、少しだけでも椅子に座るなどして、楽な姿勢で目を閉じているのが良いでしょう。目から光が入るとそれが刺激になってしまうので、目をタオルなどで覆って暗くするのが効果的です。

・頭を冷やす

血管が拡張して血流が増えている状態なので、それを鎮めるためには冷やすのが一番です。目のまわりを冷やしたり、額にぬれタオルを乗せたりするのも良いです。

 

横になれるなら、氷まくらをしても効果的です。ただし、緊張型頭痛の人の場合は肩などをあたためたほうが良い場合もあります。

・手元にある薬を早めに飲む

ロキソニンとかリングルアイビーとか市販薬でも良いので、とにかく痛みがヒドイなら鎮痛剤や頭痛薬飲みましょう。頭痛が本格的に始まる前の状態で頭痛薬を飲むと、起こっても軽く抑えることが出来る場合が多いです。

 

偏頭痛に慣れてしまっている人の中には、頭痛が起こる前になんらかの予兆を感じている場合があります。なんとなく目の奥が重いとか、視界がチラチラするとか、そうした時に薬を飲んでおくと発症せずに済む場合があります。

・偏頭痛に効くツボを押す

偏頭痛の場合、こめかみ辺りを手指などでグリグリと押したりマッサージしたりする人がいますが、神経を余計に刺激して痛みが増してしまうことがありますのであまり良くありません。押すのであれば、偏頭痛のツボを押すようにしましょう。

 

偏頭痛に効くツボは耳の下の少し後ろ側あたりにある「完骨(かんこつ)」「天容(てんよう)」で、骨の出張りの下指1本分のところにあります。指の腹で上へ押し込むような感じでやさしく指圧すると良いでしょう。

 

偏頭痛は定期的におこるものなので、なるべくなら偏頭痛専門の薬であるイミグランやスミナットやスミナットナザルスプレーなどの薬は常に常備するようにしましょう。そうすれば咄嗟の時にすぐ薬を使って対処する事ができます。